アルプスの少女ハイジの産みの親!ヨハンナスピリってどんな作家?

ヨハンナ74歳で逝去!ハイジ以外の作品をいくつかご紹介!

ヨハンナは1901年74歳で小説家としての幕を閉じて、他界しました。でも彼女の残した作品の形跡は非常に価値があり、地元スイスではスピリ財団が建ち、彼女の残した作品などの展示が行われています。

愛する人達を亡くしたヨハンナ!その後は作家として全力投球!

愛する息子と夫を半年間で立て続けに亡くしたヨハンナは、見事に悲しみから立ち直って、60代に入ってからは小説家としての誇りを持って作品を書き続けました。彼女は仕事にどんどん没頭していきました。

ハイジの完成後!ヨハンナに思いもかけない不幸が続いた!

ハイジの大ヒットの後、ヨハンナには思いもかけない不幸が待っていました。1884年5月に息子が結核で他界、同年12月には夫が過労と心労で他界し、たちまちひとりぼっちになってしまいました。

アルプスの少女ハイジ!主人公のモデルはもしかしてヨハンナ?

主人公ハイジと原作者ヨハンナはとても共通点があります。スイスの野原を走り回る、故郷を離れて勉強のため外国へ一時滞在する、そして最も深刻なのは都会での生活に馴染めずに病気になったことが共通してます。

Previous Posts Next posts